認知症の人でも記憶を持つことができます

Pocket

 おぼえている手帳は、認知症の人でも記憶を持つことができる道具です。ご本人と周囲の方が力を合わせることで、思い出せないことを、見返し、思い出すことができます。
 その秘密は、「おぼえている手帳」のしくみにあります。「おぼえている手帳」は、認知症の高齢者の方が、回りの方のサポートを得て直筆でその日の出来事を記録します。同時に、ご家族などが高齢者ご自身の方の写真を撮ります。これを冊子に蓄積していくことで、ご本人の記憶の代わりになるというものです。
 認知症の方であっても、文字を書くことができ、書いたものを見直すことができれば、自らが連続する時間の中で生きているという実感をもう一度持つことができます。それが「おぼえている手帳」なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です