表紙の「Powerd By レポチケ」の意味とは?

Pocket

おぼえている手帳の表紙(さくら)

  

 「おぼえている手帳」の表紙には、「Powerd by レポチケ」という文言が下の方にあります。
 今回はこれについて解説したいと思います。
 「おぼえている手帳」は、株式会社ハゴロモさまの「レポチケ」をもとにしています。
 

 「レポチケ」は、見開きの右側にチケットなどを入れるポケットがあり、左側が無地のページになっています。
 おもに、コンサートやライブに行くファンの人が、思い出とそのときのものをまとめて保管するためのツールです。

 そのために、左側のポケットにチケットを保管、記録を右側の無地のページに書くようになっています。
 

 「おぼえている手帳」は、この構造をそっくり利用しました。
 具体的には、構造はそのままに、右開きにして「レポチケ」の裏表紙に当たる部分を表紙としました。
 このことで、現在70代から90代ぐらいまでの高齢者の方が、ノートとして開くのに違和感のないようにしています。
 この世代の方々が親しんだノートは、みな右開きといって、表紙を右側に開くものだからです。

ドット方眼に縦書きした例

 そして、最初のバージョンであるドット方眼では、従来無地であったページに、ドット方眼の罫を入れました。
 これも「レポチケ」のドット方眼バージョンを利用したものです。このたびは、株式会社ハゴロモさまには大変お世話になっております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です