おぼえている手帳をおぼえないでください

Pocket

おぼえている手帳のパッケージ内容

 このホームページをみてくださっているみなさまへ

 「おぼえている手帳」はおぼえないでください。
 おぼえるよりも使っていただきたいのです。

 もちろん、「おぼえている手帳」は、おぼえていただくのはありがたいです。
 そしてそれよりも、是非手に取って購入していただき使っていただきたいのです。
 
 そのことで、「おぼえている手帳」は効果を発揮します。
 より具体的に言えば、認知症の方でも記憶が持てるようになります。
 まず最初の1ページを日付を入れて書いて欲しいのです。同時に写真を撮って左のページのポケットに入れてください。
 そしてまた、次の1ページを書いて欲しいのです。そして写真を左ページのポケットに入れてください。
 念のために付け加えると、毎日書く必要はありません。

 するとページをめくることで、認知症の当事者の方は時間を擬似的に経験できるようになります。
 これが続くと、つまり記録を続けるとどうなるでしょう。
 時間の経過を擬似的に経験でき、そこに自分が生きた証を確認できます。
 
 そしてこれはやらない限りは実感されないものです。
 「おぼえている手帳」をおぼえないでほしいというのは、こういう理由からです。

 健常な人たちは、数日前のことも数ヶ月前のことも普通に認識しておぼえています。
だから認知症の人たちが、過去のことがわからないというのを理解はしていません。
 そして認知症の人たちは、記憶の保持がむずかしいがゆえに、とくに最近の過去からの連続が実感できていません。
 そこで、記録と写真を使って、経験した事実を冊子の中に保存する。
 これを連続し、冊子のページをめくることで時間の経過を擬似的に経験してもらう。
 それがおぼえている手帳なのです。

 これは、使っていただければ、認知症の当事者の方にもご理解いただけます。
 このホームページを見ているご家族の方や施設スタッフの方におかれましては
おぼえている手帳はおぼえないでください。そうではなく、使って欲しいのです。

 これは、おすすめではなく、お願いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です