「おぼえている手帳」はライフログではありません

Pocket

確かに記録ですが

 「おぼえている手帳」について、「これはライフログだ」という感想を持つ方がひょっとしたらいるかもしれません。または「夏休みの日記帳だ」という方も過去にお一人いました。
 そしてこれはどちらも間違いです。「おぼえている手帳」は、ライフログでも夏休みの日記帳でもありません。

 ではなにか。
 私は「おぼえている手帳」は、命の魂の記録だと考えています。
 健常な方々は、過去の記録を見れば、その時点でのことを思い出せます。記憶の糸口として利用できるわけです。また、夏休みの日記帳はそもそもこどもがやるものであり、認知症の高齢者とは無関係です。
 そして、「おぼえている手帳」にあるのは、認知症の高齢者の方が、その日その日に生きたという間違いのない証です。自らの記憶の代わりであり、脳の延長とでもいうべきものです。
 かけがえのない生きた証。それが「おぼえている手帳」なのです。
 「おぼえている手帳」は、ご家族と認知症の高齢者が二人三脚でつくりあげる記憶帳です。
 是非一度お使いいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 オンラインショップはこちらからどうぞ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です