「おぼえている手帳」は、ほかには類のない商品です。このページ下部のショップリンクからご購入いただけます

Pocket

「おぼえている手帳」の利用例。左側に写真用のポケットがあり、右側が出来事の記入欄(現在の製品はドット方眼罫です)

 記録し、それを蓄積することで記憶とする。これが「おぼえている手帳」のコンセプトです。
 そして、こういう考え方の認知症対策のツールはほかにはありません。
 確かに日記帳はご自身で記録する限り記憶の代わりになります。
 また、認知症対策のひとつの方法である回想法も、過去のことを思い出すという点では似ているかもしれません。
 そしてこれらと「おぼえている手帳」は、以下のような大きな違いがあります。
 まず、写真を必ずセットにすること。回りのかたが記録としてご本人が写っている写真を撮り、ページにセットするという製品は「おぼえている手帳」意外にありません。
 次に、近い過去に関する記録であること。回想法が思い出させているのは、やや遠い過去のことです。
 認知症の症状が出る前の時代に関してのことでしょう。
 これに対して、「おぼえている手帳」は、近い過去のことを記録します。また写真と組み合わせます。
 そのことで、近い過去を再生するわけです。日付を入れることでそれが過去のことだとわかります。また写真があるので、ご自身の出来事だとわかります。

 こういうことのために「おぼえている手帳」はあります。そして、現時点ではこういう製品はほかにありません。
 医師からも推薦を受けております。
 また、テストをしてくださった方々の事例もこの記事にあります。
 ぜひご確認の上で、「おぼえている手帳」をお使いいただけますようお願い申し上げます。

おぼえている手帳のオンラインショップ
おぼえている手帳のオンラインショップ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です